子育ての悩み

0歳児から保育園に入るメリットとデメリットは?現役保育士の本音!

保育園

こんにちは、れいこです。

産休中、または今妊娠中の方にとって、頭を悩ませる問題の一つ、0歳児からの保育園。

早めに職場復帰したい場合や、子どもの生活リズムが整うという点ではメリットがありますが、

0歳児から保育園ってかわいそうかな…」そんな思いにもなりますよね。

そこで今回は、0歳児からの保育園入園のメリットデメリット、そして実際に0歳児を担当している現役保育士としての本音をお伝えします!

https://nite-nite-sweetie.com/hokatsu/

 

0歳児はいつから入園できる?どう過ごす?

赤ちゃん

0歳児保育は、生後57日目以降であれば保育園に預けることは可能です。

これは、労働基準法によって母親に産後休業8週間の取得が義務付けられているためです。

しかし、入園できる子どもの月齢・年齢は園によって異なるので、それぞれの園で確認する必要があります

0歳児は、ほとんどの保育園では以下のようなスケジュールで過ごします。

0歳児クラスの過ごし方(一例)

8:30~9:30 登園、おむつ替え、おやつ
10:00~11:00 戸外遊び、沐浴など
11:00 給食
11:30~14:30 午睡(お昼寝)
15:00 おやつ
15:30 室内遊びなど
16:30~17:30 降園

 

0歳児からの保育園入園のメリット

0歳児は下の学年からの進級がなく、他の年齢よりも保育園に入りやすいとされています。

お友達や保育士との触れ合いによって、成長できる

保育園では、たくさんのお友達や保育士と触れ合う機会がたくさんあるので、お家で過ごす以上に刺激を貰えるのは確かです。

また、同年齢だけでなくお兄さんお姉さんとの関わりもあるのも魅力ですね!

周りにたくさん可愛がってもらったり、お互い刺激しあえる環境であることは間違いないです!

季節行事に参加したり、お友達と過ごしているときに新たな一面が見えてくることも!

お家だけでは分からない姿を見られるのも嬉しいですね。

子どもの生活リズムが整う

保育園に預けることで、朝決まった時間に起きることはもちろんですが、保育園でも決まったルーティンで生活することができます

午前中はお外でたっぷり遊び、毎日同じ時間に給食、お昼寝をすることで、自然と生活リズムが身に付いていきます。

夜はなかなか寝なかったけど、保育園に通い出してからすぐに寝付くようになった!というお子さんも多いですよ!

保育士やママ友に育児の相談ができる

保育園に通えば、保育士や同じクラスのママ友に育児相談ができます!

月齢が近いお子さんの話を聞くこともできますし、もちろんお兄さんお姉さんのクラスのママと話す機会もあるので、今後の参考にもなりますね。

保育のプロである保育士と、毎日話す機会があるのも心強いところ。

少しでも不安なことはどんどん聞いてみましょう!

自分一人の時間ができる

お子さんを保育園に預けることで、少しでも自分一人の時間を作れるようになります。

通勤時間や昼食など、自分一人で過ごすことで、精神的に余裕が生まれる方も多いようです。

一人で過ごせる時間ができたことで、よりお子さんとの時間を大切に過ごそうと思うようになった、という声も多く聞きます。

 

0歳児からの保育園入園のデメリット

0歳という、とってもかわいくて貴重な時間を、保育園に預けることは抵抗がある方も多いですよね。

体調を崩すことが多い

お家にいるよりも多くの人と関わる分、風邪が移ってしまったり体調を崩すことが多いです。

発熱すると保育園を休まなければならないので、その度にお仕事を休まなくてはいけないのは難点ですね。

特に入園してからの1年間は、「洗礼」と呼ばれるほどに体調を崩しやすいのですが、その先は身体が強くなっていきますよ!

完全母乳育児は難しい

保育園では、哺乳瓶での対応となるので完全母乳育児は難しいです。

哺乳瓶でミルクを飲まない…という場合は、早めに慣らしておいた方が良いですよ!

冷凍母乳を預かってくれる園もあるので、こちらは預けたい園に事前に確認してみてくださいね!

家族の時間が減ってしまう

平日は日中ほとんどの時間を保育園で過ごし、帰ってきたら夜ご飯やお風呂、寝かしつけでバタバタ…

家族でゆっくり過ごせるのは、土日だけになってしまいます。

お子さんと過ごす時間が減ってしまい、少し寂しく感じるパパママは多いようです。

 

現役保育士としての本音

私は今、保育士として0歳児も担当しているのですが、

保育士としては、「0歳から預けるなんてかわいそう…」と思うことはないです!

0歳児は保育園のアイドルで、保育士はもちろん、1歳児以上の子どもからも可愛がられる存在♡

ハイハイができるようになったり、おしゃべりや掴み食べが上手になっていく様子を、みんなで喜んでいます。

1歳児以上ももちろん可愛いのですが、0歳児の可愛さはまた格別!!

0歳児のみんなも、最初は慣れずに泣いていたけれど、しばらくすれば慣れてきますし、お兄さんお姉さんの遊ぶ様子を真似したりして、日々刺激をもらっています!

そして、保護者の方から育児相談をしていただくことも多いのですが、不安を溜め込まずに相談してくださるのは本当に嬉しいです。

子育ては、パパママがなるべくストレスを溜めずに、楽しむことが一番なので、保育園がそのような環境になれば良いなあと思っています!

 

0歳児の保育園入園はメリットがいっぱい!

幼稚園

今回は0歳児からの保育園入園のメリット、デメリットをご紹介しました。

私自身としては、0歳児からの入園はメリットがいっぱいありますし、「かわいそう」と思うことはありません。

しかし、最終的な判断はパパママなので、たくさん悩んで考えながら、納得のいく答えが出ればと思います!

この記事が少しでも、参考になりますように!

https://nite-nite-sweetie.com/hokatsu/

\今なら無料お試しも!子育て相談サービスのお申し込みはこちら!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。